DAY22~チャネリングと過去生

第10章
「私たちのチャネリング体験談」
Our Channeling Experiences
参照本:オープニング・トゥ・チャネル

チャネリング体験

著者の体験

この章では、著者のサネヤとデュエンがどんな風にガイドと出会ったかが紹介されています。
現在のサネヤはとても優れたチャネラーのようですが、彼女ですらガイドとの出会いに数週間もかかったんだとか。しかも、彼女のチャネリングのきっかけは本。

その本はジェーン・ロバーツという方が書いた本で、セスという名のガイドのチャネリングをもとにしたもの。ちなみにジェーン・ロバーツは1929年に生まれ1984年に亡くなっています。現代のチャネリングブームの源流ともいえる人なんだとか。

いつか彼女の本も読んでみたいけど、なんだか読まずに終わりそうな予感がします。
(;’∀’)

さて、話をサネヤに戻します。
サネヤですら最初は口頭チャネリングが上手くいかず、情報を言葉に出来なかったり、つながりを失ったりすることもあったそうです。

一方、共著のデュエン。
彼は元々科学者であったため、高次のガイドという概念を受け入れること、そしてスピリチュアルなキャリアを選んでいくことに葛藤もあったんだとか。

私自身の体験

元々左脳人間の私からすると、デュエンの葛藤はすごくよくわかります。科学的裏付けのないものを信じるなんて以前はありえなかったし、スピリチュアルな世界に私は嫌悪感すら感じていました。

ところが、人生行き詰ってどうしようもなくなり、心の癒しに興味を持ち始めました。そして心を癒していくと、現実が変わっていくという体験をしました。

それは、ただストレスが減るというレベルではなく、まさに現実が変わっていく、出会う人が変わっていく、起こる現実が変わっていくというもので、この世が自分の心の鏡であるということを信じざるを得ないという体験でした。

そういう体験を重ねるたびに、スピリチュアリティを受け入れるようになってきました。

チャネリングと過去生瞑想

チャネリングの準備に・・・

思考を静かにしたほうがチャネリングしやすく感じるので、チャネリング前に瞑想を行っています。以前はヴィパッサナー瞑想を使っていたのですが、最近はちょっと変わり種の「過去生退行瞑想」というものを使っています。

ワイス博士の前世療法 」(ブライアン・ワイス著)という本についているCDを使っています。

この過去生瞑想を何度も試しているのですが、浮かんでくるイメージは断片的でした。あるときは中世の貴婦人、あるときはアフリカの少女、かと思うと何も浮かばないこともありました。

あるとき、チャネリングの前にこの瞑想をすると・・・気が付くと開けた草原のイメージの中にいました。「ここ知ってる」そんな感覚がして、見渡すと近くには森。その森に入っていくと、大きな木。私のガイドがそこにいたんです。

それ以上、なんの情報も得られなかったのですけどね。でも、この瞑想のあとにチャネリングするととってもつながりやすく感じました。

子供のころの記憶とガイドとのつながり

その感覚が気に入って、今回もチャネリング前に過去生瞑想をしました。

この瞑想では過去生につながる前に、今世での子供の頃の記憶につながっていきます。ここでは楽しくなかった出来事を思い出すことが多いのですが、今回は違いました。

思い出したのは、実家の庭にあった松の木のこと。私は人と遊ぶよりも庭で一人で遊ぶことが好きで、この松の木によく登っていました。ある日、いつものように松の木に登っていると、バランスを崩して私は木から落ちてしまいました。

そこそこ高さがある木だったのですが、私が落ちたのは枝の上。枝が折れてしまましたが、私にはケガひとつありませんでした。ただそれだけのことだったのですが、今の私には全く違った体験に感じました。

今の私が感じたのは、
木が私を受け止めて守ってくれたこと

それを思うと胸が熱くなり、涙があふれてきました。

そして、過去生へつながっていくと
そこには森が広がっていました。

おそらく今の地球ではないどこか別の次元の森。
私のガイドである「大きな木」もそこにいるようでした。

想像か現実か

オープニング・トゥ・チャネルでサネヤ・ロウマンは、自分の想像なのか実際にチャネリング出来ているかどうか区別できなくてもOKだということを伝えています。特にチャネリングの初期においては。

そして、この過去生瞑想のワイス博士もまた同じようなことを伝えています。
本当の記憶なのか想像なのかジャッジせず、ただ体験していくこと。そして、練習を積むにしたがって区別できるようになる。

ワイス博士はそんなことを伝えています。

なかには自分の過去生の記憶が本物であることを証明した人もいるようですけどね。自分のお墓を見つけたり、過去生で縁のある人を見つけ出したり、など。興味深いです。

さて、それでは本日のメッセージをどうぞ↓

Big Treeと木の集合意識より

ただ静かに座っていきます。エネルギーの変化で、今までよりずっと簡単にチャクラがクリアーになっていくことが感じられるでしょう。そして、頭のてっぺん、第7のチャクラから光が入ってくるのを受け取ります。

やがて直観と思考の統合が起こるでしょう。それに向けてエネルギーが高まり、ときにエネルギーを持て余すように感じることもあるでしょう。そこでは葛藤を感じるかもしれませんが、そのエネルギーを創造に使っていくことで、道が開けていきます。

ただ穏やかに座るだけで、創造力があふれてくるのを感じるでしょう。

[English]Channeled Message from a Big Tree and Tree Collective

Just sit in silence, and you will feel your chakras cleared more easily than ever because of recent energy changes. Then, receive light coming in from the top of your head, the seventh chakra.

Eventually, there will be integration of intuition and mind. Energy will increase toward the integration, and sometimes you may feel you are overwhelmed by the energy. That may cause you struggle, but your way will open up as you use this energy for creation.

Feel your creativity pouring from inside just by sitting in silence.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク