DAY2~背景を知る

イントロダクション

早くチャネリングの実践がしたい!

そうはやる気持ちを抑えつつ、序文に続くイントロダクションを読みました。ここでは、サネヤ・ロウマンとデュエン・パッカーが本を書くことになったいきさつが語られていました。

二人ともチャネラーであり、チャネリングを既に教えてはいたのだけれども、それは長期にわたるコースで誰もが簡単に習得できるものとは二人とも考えていなかったそうです。けれども、二人のガイドの助言に従って短期のコースを開催し、やがては本を書くまでに。

以前は特別な訓練で特別な人しか習得できないと思われていたチャネリングが、短期コースでも本でも簡単に習得できるようになったんだとか。そして、そこには地球のヴァイブレーションの変化が関係しているようです。

参照本:オープニング・トゥ・チャネル

この地球のヴァイブレーションの変化はサネヤの本に限らず多くのソースで言及されていることなのですが、地球全体の波動が上がり、数多くの人が新しい能力に目覚めたり、アウェイクニングを経験しているというのです。

マス・アウェイクニングの時代なのですね。

マス・アウェイクニングの時代を生きる

私自身はアウェイクニングは経験していないし、悟りとどう違うのか、アウェイクニングってそもそもなんなのかもよくわかりません。

でも周囲を見渡すと、過去生の記憶がよみがえったとか、宇宙人とチャネリングできるようになったとか、見えないものが見えるようになったとか・・・そんな話を耳にすることが増えてきました。

また、インターネット上でもそんな情報を多く目にするようになってきました。

私たちが見聞きするものは、全て自分自身のマインドの反映とも言われています。その知見からすると、マス・アウェイクニングというのもあながちデマではなさそうに思います。

そして、その時代をどう生きるか。何をガイダンスにするか。そのヒントがチャネリングにあるように感じている今日この頃なのです。

ハイアーセルフともつながる

サネヤの本の話に戻りますが、この本(”OPENING TO CHANNEL”)で紹介されているチャネリングの方法は、ハイアーセルフとつながるためにも使えるんだとか。

私の目標のひとつはハイアーセルフとつながること。意欲をかきたてられます。
そして、イントロダクションの最後にはちゃっかり宣伝も。

ハイアーセルフとつながりたいなら、こちらの本もおすすめとのことです。日本語版は出ていないようですが。
“Spiritual Growth: Being Your Higher Self” Sanaya Roman

にほんブログ村 哲学・思想ブログ チャネリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク