DAY19~ガイドがしてくれること・くれないこと

前回で最終章まで読んだものの、すっ飛ばしていた8~13章があるので逆戻り。
今日は第8章を読んでいきます。

第8章
「他の人のリーディングをする」
Reading for Others

参照本:オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法

ガイドがしてくれること・くれないこと

ここでは、自分以外の誰かのためにリーディングで直面するであろう疑問、そしてリーディングの手順も説明されています。特にお仕事でリーディングされる方には役に立ちそうな章です。

ここで目にとまったのは、ガイドのスタンス。

リーディングって、なんでもわかりそうなイメージありませんか?少なくとも私は、そんなイメージを持っていました。けど、そういうわけではないようです。

高次のガイドは何にでも答えてくれるわけではありません。プライバシーを侵すような質問には答えないし、問題を全て解決するようなことを言ってくれるわけでもありません。その上、ガイドによって得意な領域、そうでない領域があるので、ガイドによっても答えが違います。

そもそも高次のガイドというのは、私たちが自立的であることをよしとしていて、アドバイスを盲目的に信じるのではなく、自分のことは自分で出来るようになるためにアドバイスを使ってもらいたいと思っているんだとか。

なので、「これをしたほうがよい?しないほうがよい?」といった質問をしても、答えてくれないことが多いんだそうです。そういった場合は、質問の仕方を変えて、例えば「これをすることによってどんなものが得られる?」のように工夫するといいんだとか。そこで得られる情報をもとに、決断は私たち自身が下す。

つまり、私たちの代わりにガイドが決断してくれるのではなく、ガイドは私たちの決断のサポートをしてくれるというわけですね。

確かに、そういったスタンスのほうが健全に感じます。いくら高次の存在だからって、私たちの代わりに決断をするのならば、私たちの存在意義がなくなっちゃいますものね。

ガイドは私たちの代わりに問題を解決してくれるわけではなく、私たちの成長を助けてくれる存在のようです。

本日の実践

チャネリングをしていると、つながりが強く感じることもあれば、つながりが弱く感じることもあります。つながりが弱く感じるときは、チャネリング出来ているのか、あるいは自分が直観で話しているだけなのかよくわからなくなったりもします。

こういった波があるのはごく自然なことらしいのですけどね。

初回ほど上手くつながれないなぁ・・・。
最近はそう思うことが多かったのですが、今日はとてもつながりやすく感じました。

始める前にしっかりと瞑想したのが良かったのか、あるいは11月に入って全体のエネルギーが変わったのでしょうか?

さて、そんなわけで本日のメッセージ↓

Today’s Channeling Message

すべてがただ想像するだけで叶う時代がもうすぐやってきます。
ただ、モノがあっても心が満ち足りないというのも事実です。そこでは貢献が大切になってきます。
貢献を生きることではじめて真の豊かさがやってきます。
追うのは物質ではなく、貢献を生きるということ
貢献を生きることによって、他の豊かさはあとからついてきます。

今できるのは、あなたがあなたらしくあること。
あなたがあなたらしくあることを気に病む必要はありません。
あなたにはあなたの個性があります。
三次元の成功を収めることが、よいことのようにもてはやされたりもしています。
でも結局は、それは、なくてもいいのです。

なにより大切なのは、あなたがあなたらしくあり、
そしてそれを肯定することです。

光は身近なところにあります。
青い鳥のように、どこかではなく
すぐ目の前にあります。

それでも光がどこか遠くや
過去や未来にあるように思うのならば
目を閉じて
青い鳥を呼び戻すかのように
光を呼び戻していきます。

呼吸とともにその光が体に満ちて
まぶたを開けると
目の前には舞い戻った光があるはずです。

English Version
Message from a Big Tree and Tree collective
The time is coming, the time when your imagination is immediately materialized. However, it is true that materials alone do not bring you satisfaction. There comes serving. Serving will lead you to true abundance. Serve instead of going after materials. When you serve, abundance will eventually come to you.

What you can do right now is to be yourself. You don’t have to be sorry for being yourself. You have your quality. Three-dimensional success is often praised as if there is only one measure. But, after all, that kind of success is not necessary.

It is more important to be yourself and love being yourself.

Light is everywhere around you. It’s not somewhere out there, but right in front of you just like the Blue Bird.

If you still feel the light is far, in the past, or in the future, close your eyes, and bring back light as if you bring back the Blue Bird.

As you inhale, light fills blanks in your body. When you open your eyes, you’ll find the light just in front of you.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク