DAY16~継続はチカラなり

引き続いて15章へ。ここでもチャネリング能力を高める方法が語られています。
第15章「チャネリング能力を高める」
Strengthening Your Channeling

参照本:オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法

チャネリング能力を高めるには

やっぱり大切なのは、継続すること。

著者がどんな風にチャネリングを実践してきたのかを交え、継続することの大切さがここでは紹介されています。

また、高次の領域とのつながりの強さは一定ではなく、つながりが強く感じることもあれば、弱く感じることもあるそうです。

そういった、チャネリングでぶち当たるであろう疑問に答えてくれているのがこの章のようです。第14章に引き続き、とっても地に足がついた感じです。

チャネリング能力を高めるって、なんだかとってもスピリチュアルで特別なことでもするのかと私は思っていましたが、そういうことではないようです。著者が先に触れていたように、チャネリング能力を高めるのに大切なのは、何も特別なことではなく、基本を学んだらあとは継続することのようです。

ガイドの接触

またこの章で印象的だったのは、「ガイドは様々な方法で接触してくれる」とのこと。

例えば、
チャネリングしていたことに関する情報が
本やひとびとを通してやってきたりする。

そういった方法でガイドが接触してくれることもあるそうです。

思い当たるかたも多いのではないでしょうか?

ガイドとの出会いと接触

私のガイドとの出会い

私がチャネリングを練習しはじめたのはつい最近です。ただ、ガイドとの出会いは1年ほど前だったようです。

最初の出会いは、Youtubeで動画を見ていたときのことでした。ヒーリング系の動画を見ながら、心や体の状態をただ眺める。そんな自己流の瞑想もどきをしていたときのことです。

動画に、大きな木が映し出されました。

その木を見た瞬間、
胸が熱くなり、
「私はこの木を知っている。私はこの木と何か約束がある。」

そんな思いとともに涙があふれました。

それが私のガイドとの初めての出会いでした。当時はガイドとは知らず、なぜ涙があふれるのかもわからなかったのですが。今思うと、ガイドのほうから接触してきてくれていたのかも知れません。

情報のチャネル

それがきっかけだったのかはわかりませんが、この一年、望む情報がびっくりするような速度でびっくりするような経路から入ってきます。

それは、
ふとつけたテレビ番組だったり
通りすがりの看板だったり
友人や知人を通してだったり

疑問に思ったこと、知りたいと思ったことをわざわざ調べるまえに、答えの方が私に向かって飛び込んでくるような感覚でした。

この本で触れられている
「ガイドは様々な方法で接触してくれる」というのはこういうことを言っているのかもしれないですね。

チャネリングを続けて、さらにどんな変化が起きるかレポートを続けていきたいと思います。

それでは、今日のチャネリングメッセージをどうぞ↓

Today’s Channeling Message

日が暮れると、気が鎮まってきます
立ち上がった埃が地に落ち着くように
その感覚をただ感じてください
夜の空気のなかで

When the sun sets, energy settles just like the dust in the air that settles down to the earth.Feel that sensation, feel it in the air of the night.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク