DAY1~本を開く

チャネリング

チャネリングとは、テレビやラジオのチャンネルを変えるかのように他者へ周波数を合わせてメッセージを受け取ること。ここでいう他者。チャネラーによって様々あるようですが、高次元の存在とのチャネリングを多く目にします。

で、今現在、私はチャネラーでもなんでもないのですが、チャネリング能力を身に着けることが出来るかどうかチャレンジいたします!

実はしばらく前からチャネリングに興味はあったのですが、単なる興味本位でしかありませんでした。なんか超能力っぽくて面白そうって感じです。でも、目の前の人生の課題から目をそむけてチャネリングにトライするのは逃避かなぁ、との思いもあって手をつけていなかったんです。

それが最近になって変わってきました。

ネット上でチャネリングメッセージを読んでいたのですが、そういったメッセージに勇気づけられたり、癒されたりすることもありました。なぜか涙がでて胸が熱くなることもありました。

それで、チャネリングに対する私の認識が変わってきたんです。これは本当に誰かの役にたつものなのかもしれない、と。

そして、英語のサイトではチャネリングメッセージはとても豊富に公開されているのですが、日本語でそういったサイトは数少ないことにも気が付きました。だったら、私が作ってみようではないか、と。

チャネリングの方法

さて、そうは言ってもチャネリングの方法は知りません。いまのところ。

チャネラー養成講座的なものもあちこちで開催されていますが、私は手軽にできる方法として本を選びました。

「オープニング・トゥ・チャネル―あなたの内なるガイドとつながる方法」
サネヤ・ロウマン、デュエン・パッカー著
中村知子訳

ところがこの本、日本語版だと中古しかなく、しかも私が見たときは3千円近いお値段。微妙・・・。ということで、日本語版はあきらめて、英語版(kindle)を入手いたしました。634円だし!

“OPENING TO CHANNEL”
Sanaya Roman and Duane Packer

英語は日本語ほどすらすら読めるわけではないので、若干不安は残りますが、なんとかなるでしょう。

今日は序文だけ読んでみました。
著者によると、特別な能力がなくとも、忍耐と強い意志さえあれば誰でもチャネリングが出来るんだとか。

ほんとかな?

実践してレポートしていきたいと思います。

現在の目標は、ハイアーセルフとアルクトゥルス人とのチャネリング。あと、植物や木ともつながりたいな。さて、どうなることやら?

↓新品はめっちゃ高いです(;’∀’)
中古は時期によって千円~3千円程度。

↓英語版はkindleがあるので安価。
とてもわかりやすい英語で書かれているので、「英語で読む本を探してた」なんて方にはお勧め。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ チャネリングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク