シフトやイベントにおけるあなたの役割 ∞9次元のアルクトゥルス・カウンシル

9次元のアルクトゥリアン・カウンシル
ダニエル・スクラントン経由のチャネリングメッセージをお届けします。

シフトやイベントにおけるあなたの役割 ∞9次元のアルクトゥルス・カウンシル

「こんにちは。私たちはアルクトゥルス・カウンシルです。皆さんとつながれることを嬉しく思っています。

人類の進歩を見るにつけ、私たちは安心感を抱いております。また、意識のシフト(変化)における皆さんの役割に私たちが言及するとき、皆さんの中には責任の念が起こることがありますが、そういった感情とも皆さんは上手につきあっており、私たちはとても喜ばしく思っています。

多くのみなさんが何かの役に立ちたいと願っており、皆さんが”今という時”のまさにその中で体験しているシフトに特に貢献したいという思いがあることを私たちは知っています。

そこで私たちが皆さんにお伝えするわけです。みなさんはリーダーであること、皆さんが骨の折れる仕事をしていること、皆さんが高波動の全てのエネルギーにしっかりとつながっていること、そして皆さんの助けやサポートを必要としている人達が皆さんを見つけることができるよう皆さんがより一層輝くであろうことを。

私たちが皆さんにお伝えした責務は小さなものではありません。けれども、こういった責務を皆さんに与えたのは私たちではないのです。

これは皆さんがこの人生において選んだ旅路の一部なのです。

皆さんは、ご自身が目覚めるであろうことを知っていたのです。

皆さんは知っていたのです。
高次の領域にいる我々皆に代わり地上のメンバーとなるため必要なことを成すということを。
そして、たくさんのトラウマやネガティブな感情にいっぺんに向き合うことになるような人達を助けるであろうことも知っていたのです。

そして皆さんはその全てに「イエス!」と答えたのです。

いまや皆さんはこれら全ての責務にお気づきです。ここで皆さんは再びこのチャレンジへ「イエス!」と言っているのです。私たちはこのことに感謝しております。

何かの役に立ちたいと願っている皆さん全てが満たされた感覚にあるのを私たちは知っています。この感覚は、あることを知っていることから来ています。それは、未だ目覚めていない人達を導き、リーダーの役割を果たすため、皆さんが前に進むよう頼まれる日が来るであろうという知見です。

未だ目覚めていない人達を助けるため、皆さんが意欲的で穏やかでいることがどれほど大切か、そのことを皆さんにご承知おきいただきたいのです。

そして、皆さんはいまだ変容し、進化し続けているということに気づきをもっていただきたいのです。


この務めに対し、どれだけ準備が出来ているかは心配する必要はありません。

皆さんは十二分に準備が出来ているのです。

そして、呼びかけに応えて皆さんを必要としている人達を助けるそのときが来たら、より一層準備が整っているのです。皆さんはやるべきことをやってきていて、ときが来たら彼らがネガティブな感情や過去生のトラウマを処理するのを助けるのです。

皆さんは他の生涯では、地球上あるいは銀河の他の所でマスターであることを示してきたのです。だからこそ、人類の意識のシフトにおける重要な役割を担うことに、皆さんはこんなにも意欲的なのです。

私たちはアルクトゥルス・カウンシルです。皆さんとのつながりは楽しいひとときでした。」

以上、Your Role in the Shift/the Event ∞The 9D Arcturian Councilより


夫婦ゲンカの激しい人の話を聴くと、急に我が家でも夫婦喧嘩が勃発し、
空腹でつらかった過去を聴くと、突如として空腹感に襲われる。

そんなふうに、誰かを助けようとすると影響を受けてしまうということがありました。

そのせいもあって「人を助ける」ことに消極的になっていましたが、
このメッセージを読んで、もう一度意欲を持つことが出来ました。

イベントが本当に起こるのかに関しては私は未だ懐疑的ですが、出来ること、目の前にあることにただただ取り組んでいこう。
そんなふうに思わせてくれるメッセージでした。


チャネリングランキング

コメント

  1. Mr.μ より:

    いつも有難うございます。自分の体験談が、本当に人々の助けになるのかと懐疑的になる事もあります。時に無視され、疑いの目で見られ、頭がおかしいとさえ思われることもあります。ですが、書き続けることで、いつかは理解される日も来るのではないかと、淡い期待も抱いています。アルクトゥルス・カウンシルのメッセージは、そんな私に期待以上の何かを送り続けてくれます。真実か、虚構か、いまだに答えは出ませんが、多くの想いのシンクロをメッセージの中に感じ続けています。

    • るね より:

      前に進み出てありのままの体験をシェアするとき、疑いや攻撃に直面することが多いように感じます。その疑いや攻撃は内側からやってくるものもあれば、外側からやってくるものもあるようです。
      けれども、そうやって「ありのままの体験」を伝えてくれた人達に、私はとっても助けられてきました。
      Mr.μさんも理解される日が来ますよう。