アルクトゥルス・カウンシルとつながる ∞9次元のアルクトゥルス・カウンシル

9次元のアルクトゥリアン・カウンシル
ダニエル・スクラントン経由のチャネリングメッセージをお届けします。

アルクトゥルス・カウンシルとつながる ∞9次元のアルクトゥルス・カウンシル

「こんにちは。私たちはアルクトゥルス・カウンシルです。皆さんとつながれることを嬉しく思っています。

私たちがつながりを確立しているのは、私たちに興味をお持ちの方たち、そして私たちとつながることに興味をお持ちの方たちです。

可能な限り多くの方々とつながりたいと私たちは思っておりますが、全ての人々が私たちとのつながりに興味をお持ちなわけではありません。

そしてもちろん、私たちの存在すら信じない方々もたくさんおられます。そのため、これは私たちにとって困難な仕事です。

私たちとのつながりに興味を示していない方たちとつながるのに、私たちは巧みな方法を用います。そういった巧みなやり方を用いることによって、私たちがつながろうと思う方々の意識の隙間をかいくぐるのです。

私たちはまた、夢にも現れますし、ダウンロードも提供しますし、UFOの出現の恩恵も受けています。

来年はより多くのつながりを確立できることを私たちは期待しております。ここで私たちが期待しているのは、過去の全ての年のつながりを合わせたのよりも多くのつながりです。

私たちがつながりを求めるのは、皆さんへの愛ゆえであり、皆さんの助けになりたいからであり、そしてまた皆さんに興味があるからでもあります。

皆さんのことを知れば知るほど、私たちは自らのことを知ることになるのです。

皆さんがご自身のハイアーセルフになろうとしているように、私たちもまた自身のオーバーソウルになろうとしているのです。

私たちはオーバーソウルにアセンドしようとしており、そうすることによって、より私たち自身の本質へと近づくのです。

私たち皆の本質とは、全てでありあらゆる人でもあるのです。

私たち全ての中に闇はあり、その闇を現す誰かや何かを負かすことに意識を向けるのではなく、そのことを知ること。そうすることが目覚めている方たちの助けになるのです。そしてこれは、どの次元でも同じことです。

私たちの存在する9次元は、その下の全ての次元を含みます。

皆さんはご自身の内に1次元、2次元、3次元、そして今や4次元も含みます。

そして、多くのみなさんがお気づきのように、ご自身が岩であり、木であり、花であり、鹿であり、イルカでもあり、ご自身の周囲のすべての存在でもあるのです。

このようなことを言うのは容易ですが、実際に感じ知ることはそう容易なことではありません。そして、それこそが私たちが皆さんにお勧めすることなのです。

樹々や土、風、動物などとのつながりを求めるのです。

彼らはあなたの本質を思い起こさせるためにそこに居るのです。あなたの自己概念を拡大させるために居るのです。

そして、私たち全てがそうであるように、彼らもまたソース(源)の全ての側面でもあるのです。

私たちはアルクトゥルス・カウンシルです。皆さんとのつながりは楽しいひとときでした。」

以上、Connecting with the Arcturian Council ∞The 9D Arcturian Councilより


世界は鏡である。

嫌いなあの人も
大好きなあの人も
許せない何かも

全てが自己の投影

癒しに取り組み始める人の多くが
嫌いな誰か
許せない何かから取り組み始めるように思います。

けれども
人だけではなく
道端の雑草も
見上げた空も
降り注ぐ雨もまた
自己の鏡のようです

癒しの罠にはまると
嫌いなもの
苦手なものにフォーカスし続けてしまうことがあります。

私自身、最近そんなことしてるなぁ、と気づいたんですけどね。

苦手なものは癒すべき何かの投影かもしれませんが
少しそこから離れて
ただ自然を感じる

そんな時間も大切だな、なんて思う今日この頃です。